ボークスグループについて

着実に歩みを続けてきた
ボークスグループの基本姿勢

 私たちボークスグループは、2017年に創業25年目を迎えました。

 地域に密着したVolkswagen・Audiの正規ディーラーとして、お客様との間で親密な関係を構築。その中で、私たちは自分たちができることは、安易にアウトソーシングせずに、自分たちの手で確実に取り組んでカタチにしてまいりました。

 合理性を追求すれば、自動車販売だけに特化した企業スタイルを選択するケースもあるでしょう。あるいは自動車整備だけに取り組む会社もあるでしょう。あるいは、自動車販売という本質からかけ離れた事業にまで着手して、無理に急成長を遂げようとする会社もあります。

 私たちは、そのいずれのスタイルをも選択することなく、「次はどうする?」と常に考え、模索しながら、むやみに事業拡大せず堅実に、自分たちの身の丈よりも少しだけ高いハードルを設定し、チャレンジを続けながらやれることだけをすべてやるという企業姿勢を貫き、安定成長を続けてきました。

 創業から四半世紀を経てきた現在だからこそ、そのDNAを後世へ伝えていくと同時に、さらに魅力的な企業へと変革を果たすべき時期を迎えていると感じています。

 これまではCS(顧客満足)だけを追求し、お客様と会社の関係性だけに着目してきましたが、そこにES(従業員満足)を絡め、社員一人ひとりの働き方改革を進め、働き甲斐と能力を最大限に高めていきます。

代表挨拶

代表取締役 田続 茂

 ボークスグループは、Volkswagen・Audi事業を開始してから、2017年4月で25周年を迎えることが出来ました。

 少子高齢化による免許人口の減少、若者のクルマ離れ、所有から利用への変化と、我が国の自動車産業を取り巻く環境は、急激な変化の中にあります。

 自動車販売店も、淘汰の時代を迎える中、ハード、ソフトの両面で、最高の品質を維持する必要があります。その中で、「選ばれる企業」になるには、お客様の視点に立った、的確で上質な価値提供を行えることが必要となります。

 私たちボークスグループは、スタッフ一同の英知と技術力、行動力に加え、地域の皆様、ステークホルダーの皆様のお力添えをもって、「最高の顧客満足をご提供できる企業」を維持継続し、社会に貢献して参りたいと考えております。

 次の25年に向け、引き続きボークスグループへのご支援、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役 田続 茂

ボークスグル―プの使命

「最高の顧客満足を提供し、社会に貢献する」

お客様に最高の商品と最高の技術を提供し、買って良かったという満足と、夢のある豊かなカーライフのお手伝いをする。
また、自動車販売を通じ、地域やステークホルダーの皆様と密接な関係を築き、社会に貢献できる企業を目指す。

クレド(お客様への約束)

私たちは、
笑顔で元気よく挨拶します。
私たちは、
プラスアルファの提案をします。
私たちは、
お客様のご意見を大切にし迅速かつ柔軟にサービスを提供します。
私たちは、
お客様に満足していただけるよう最善を尽くします。